医療法人弘仁会について

医療法人弘仁会とは

写真

昭和初期以来、地域の皆様の健康を願い、医療によってみなさまの健やかな暮らしを支えたいという信念のもと、永きに渡って医療の現場で培った技術をを活かすべく、多岐にわたる分野の医師が集まり、設立されました。
今日では、内科・小児科・放射線科・消化器内科・介護事業所 等にわたり、あらゆる場面でみなさまのサポートをさせて頂ける団体として、連携を行っております。

▲TOPへ

可児医院の歴史

*

1925年(昭和10年)現院長の父、
可児三郎が天王寺 可児医院を開設(創立65周年)
<現在孫の富田佐和子が継承>

*

1972年(昭和47年)藤井寺市にて可児医院を開設

*

1979年(昭和54年)松原市にて可児放射線科を開設

*

2000年(平成12.年)の介護保険の導入に伴い地域 医療になお一層貢献できるように在宅介護に積極的に取り組み「介護支援事業所」「介護事業所」「訪問介護」「デイサービス」を開設

*

2004年(平成16年)「可児医院(天王寺)」の旧施設を解体し、
現:サワービルを竣工。
富田 佐和子が院長に就任し、リニューアルオープン。

*

2006年(平成18年)藤井寺可児医院、天王寺可児 医院、及び可児放射線科を統合し、医療法人弘仁会を設立

*

2008年(平成20年)「介護事業所可児」を現所在地
(藤ヶ丘4丁目6-20)に移転し、リニューアル

*

2009年(平成21年)「可児医院(藤井寺)を改築し、リニューアル。
現在に至る

2015年 可児医院医院長に可児佳代子就任

▲TOPへ